浜松のイベント、グルメ、ビューティー、スクールなどの情報が満載

スペシャル

遠鉄グループで見つけた!キラキラ輝くおしごとガール

 

ホテル 客室係

メイン候補お客様が快適な時間を過ごせるように、さまざまなサービスを行なうホテルの客室係。今回は、「ホテル九重」で活躍する女性をご紹介します。
<プロフィール>
戸塚さん (25歳)
●2008年4月入社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様に一番近い客室係は、ホテルの顔
一人ひとりにあわせたおもてなしで、お客様を笑顔に

メイン候補1

浜名湖を一望できる純和風旅館「浜名湖かんざんじ温泉 ホテル 九重」で、客室係を務める戸塚さん。高校卒業後に入社し、現在7年目となるベテランのスタッフだ。
「人と接するのが好きで、この職業を選びました。入社後、九重に配属されたんですが、最初は着物を着るのが嫌で…(笑)」。着物や和風旅館という厳かな雰囲気に馴染めるか、最初は不安だったという。「10代~60代まで、さまざまな年代の上司や同僚がやさしく指導してくれました。おかげで着付けや礼儀作法はしっかりと身に付きました。自然と女性らしさが磨かれて、今では、着物で働くことができるこの仕事で良かったと思っています」。
接客の専門職である客室係の仕事は、お出迎え、お部屋への案内、お料理出し、お見送りなど、ホテル滞在中を気持ちよく過ごしてもらうためのサービスが中心。戸塚さんは、一人ひとりのお客様と向かい合い、〝おもてなしの宿〟として、質の高いサービスを提供するために、日々奮闘中だ。「〝次に泊まりに来た時も、またあなたに接客してもらいたい。ありがとう。〟とお客様から感謝されたときの喜びはとても大きいです。明日からもまた頑張ろうという気持ちがわいてきますね」。
現在、教育係として、新入社員を指導する立場でもある戸塚さん。自分が新人だった頃を思い出して、接客の基本をたびたび振り返っているそう。「初心を忘れることなく、接客の質をさらにあげていきたい。今後は、サービスに活かせるような、さまざまな知識を身に付けたいと思っています。会社内では、茶道部や華道部など、和の文化を学べる活動ができるので、いずれ茶道にチャレンジしたいですね」。マニュアルにはない接客を追及し、〝おもてなし力〟にますます磨きをかけていくのであろう。

 

 

 

戸塚さんの1日をちょっとのぞき見!

客室係として活躍している戸塚さんのお仕事をチェック!

最高の笑顔で「いらっしゃいませ」

玄関でお客様をお出迎えし、お部屋までご案内します。
A いらっしゃいませ

 

 

 

お茶とお菓子でおもてなし

お部屋にご案内したら、お茶と和菓子をお客様へ。ホッと一息ついていただきます。
B お茶だし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様のタイミングでお料理を提供

食事会場の前でお客様を出迎え、席へご案内。お料理の説明から提供まで行います。
C お料理提供

 

 

 

 

 

 

心を込めて「ありがとうございました」

感謝の気持ちを込めて、お客様が見えなくなるまでお見送りをします。
D 見送り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戸塚さんの休日スタイル

夏はウェイクボードやサーフィン、冬は岐阜方面でスノーボードを楽しむアクティブな戸塚さん。
体を動かすことが大好きだそう。

明るく補正して_戸塚さん休日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠鉄観光開発株式会社

お問い合わせ ☎053-487-0771 (担当:総務部総務課採用担当)
http://www.entetsu.co.jp/kaihatu/recruit/

客室係(客室アテンダント)募集
ホテル内の客室・割烹・宴会場などで、接客全般(着物着用)を担当していただきます。また来たいと言っていただける「心に残るおもてなし」こそが我々の使命です。まずはお気軽にお問合せください。

 

 

働く女性

 

 

 

 

 

 

 

 

遠鉄グループは働く女性を応援します! 遠鉄 リクルート」で検索

Vol.24